ご挨拶

こんにちは、MFCの羽田です。
学生のキャリア支援プロジェクト、MY FUTURE CAMPUS(以降MFC)がスタートして4年が経ちました。当時大学1年生だった学生さんが、この春でもう大学卒業をする訳です(ストレートで卒業される場合ですが)。

この4年の間、MFCでは試行錯誤しながら色々と新しい取組みをしてきました。そしてあらゆる学生さんを見てきました。その中で私達は次の二つをもっと大切にしたいと思うようになりました。

“活動”出来る場所が欲しい

一つ目は、学生が活動できる”場所”です。小さな頃、”秘密基地”を持っていた人も多いのではないかと思います。学校が終わって友達と秘密基地に集り、何かを企む、自分達の秘密の場所。SNSやネットサービスが発展しても、仲間と顔をつきあわせて同じ空間を共有できる物理的な”場所”は、やはりこれからも必要だと感じています。

MFCではキャリア・インカレなどビジネスコンテストを開催していますが、複数の大学でチームを組んでいる学生も多くいました。彼らは打ち合わせの場所に困っていました。ファミレスで打ち合わせをする事も多いようです。
インカレに限らず、学生団体なども打ち合わせやセミナールームを探しています。みんな、場所に困っているのです。

仲間と集り、何かを企み、仕掛けていく”場所”があったら、学生の活動はもっと本格化するかもしれない。そんな事を考えました。

社会人との距離感を縮めたい

二つ目は、もっと自然な形で学生と企業が接点を持てればいいのに、というものです。学生と話していていつも思う事ですが、「社会人だって同じ人間だぜ」と。そりゃ学生より何年か長く生きていますし経験だって積んでいます。でも、学生と同じように悩んだりするしどうしようもない事で失敗だってします。

変に社会人を神格化せずに、同じ人間として接して欲しいのです。

MFCでは就職活動とは関係ない局面で、学生と企業が出会える機会を作ってきました。ただ、会場は企業オフィスやセミナールームでした。学生にとって、オフィスという空間はなかなか行く機会もないでしょうし、緊張感もあって素晴らしい体験なのかもしれません。しかし、反対に身構えてしまって、学生と企業の距離感を更に広げることにもなると思うのです。
特にMFCには、過去に学生として参加してくれたOBOGがいらっしゃいます。MFC経験者の先輩達なら学生の皆さんも親近感を持って接してもらえるのではないかと思っています。

もっと企業や社会人を身近に感じてもらう空間、場所があったらいいのに。そんな事も考えました。

この二つを実現したく作ったのがこのMY FUTURE CAFEです。学生向けカフェは最近沢山ありますし、お店によって思いやコンセプトは異なると思いますが、僕らの思い、狙いは上記二つです。

まあ、学生の皆さんはそんなこと気にしないでいいです。「自由に使えて企業とか社会人とかとも会えるらしい」くらいのノリで来てください。
僕もなるべくカフェにいるようにしますので、本当に気軽に話しかけてください。

毎週水曜日の夕方は、自分の将来を少し考えてみる時間にする。そんな風になれたらいいなと思っています。